保険金と税金

保険金と税金

死亡保険金を受け取った場合は、相続税、所得税、贈与税のうちいずれかの税が課税対象とされますが、誰が保険料を負担し、誰が保険金を受け取ったか、また被保険者はて誰であったかによって税金が次のようになります。

画像の説明
  • 相続税の場合
    (500万円×法定相続人の数)まで非課税
    ※相続人以外の人は、非課税の取り扱いを受け取ることが
    できません。
  • 所得税(一時所得)の場合
    (保険金-正味払込保険料)-特別控除額=一時所得
    課税対象となるのは、一時所得の1/2です。
  • 贈与税
    保険金額-基礎控除(110万円)=贈与税の課税対象金額




本当にあった、保険のプロが間違ったこと

日本社A生命の支社トップ営業職員が、主人にA社の定期保険特約付終身保険、普通死亡5000万円の生命保険に加入していました。当初は契約者を主人にしていましたが、自分の給与から天引きにするため、契約者を営業職員本人・被保険者は主人・受取人は契約者で名義変更をしました。変更1年後に主人は病気で死亡しました。当時営業職員の年収は1500万円でした。この場合、変更前でしたら相続税の対象で税金は0円だったのが、変更後は一時所得になるため、保険金課税所得と合算すると税金・住民税・社会保険料等で約1700万円支払うこととなりました。契約形態を間違うとこのような悲惨なことになります。
所得税扱いにする方法がいいのは、相続財産が3億円以上あるかどうかが目安になります。
具体的に相続財産など計算してから、生命保険に加入するべきでしょう。

保険を使って生前贈与も考えてみましょう


a:1467 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional