生命保険で生前贈与

生命保険を使って生前贈与

生前贈与とは・・・

画像の説明

贈与税とは・・・

個人が個人から財産をもらったときにかかる税金が贈与税になります。
「暦年課税」の場合、贈与税の簡易な計算方法は
(課税価格-110万円)×税率-控除額

生前贈与を活用すると・・・税負担が軽減される場合があります!

生前贈与を10年間毎年実行した場合とそうでない場合で、
その後夫に相続が発生した場合の税負担を比較しましょう。

  • 前提条件
    (家族構成)夫・妻・子2人
    (夫の遺産総額)3億5000万円
    画像の説明
  • 相続税の速算表
    法定相続分に応じた額税率控除額
    1000万円以下10%
    3000万円以下15%50万円
    5000万円以下20%200万円
    1億円以下30%700万円
    3億円以下40%1700万円
    3億円超50%4700万円

  • 贈与税(歴年課税)の速算表
    基礎控除後の課税価格税率控除額
    200万円以下10%
    300万円以下15%10万円
    400万円以下20%25万円
    600万円以下30%65万円
    1000万円以下40%125万円
    1000万円超50%225万円


保険料贈与

毎年、現金を子に対して贈与を行い、子はその現金を元に生命保険に加入します。これにより、財産の軽減と保障の確保が可能になります。

80%,画像の説明


  • プラン① 資産形成も兼ねた相続税の納税資金準備

画像の説明


  • プラン② 保障の確保と将来の資産形成(養老保険)

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional