相続税改訂

相続税改訂

平成25年度税制改正大綱から

  • 相続税の基礎控除の引き下げ「5000万円+1000万円×法定相続人」
    →「3000万円+600万円×法定相続人」
  • 相続税の税率構造の見直し(最高税率を55%に引き上げる等)
  • 贈与税の税率構造の見直し(孫等が受贈者となる場合の贈与税の税率構造を緩和等)
  • 相続時精算課税制度の拡充(贈与者の年齢要件を65才以上から60才以上に引下げ、受贈与種者に孫を加える)
  • 事業承継税制の見直し(適用要件の緩和、負担の軽減、手続きの簡素化等)
  • 子や孫等に対する教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置の創設

※「死亡保険金に係る非課税限度額の見直し」は平成25年度税制大綱に記述なし。


改正案は、平成27年1月1日以降の相続により取得する財産に係わる相続税について適用することが検討されています。

画像の説明


a:973 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional