組合員のための共済

組合員のための共済

協同組合などの事業として福利厚生の充実とありますが、対策の一つとしてグループ保険を
活用してみてはいかがでしょうか

グループ保険とは

  1. 個人保険と比較して、割安な保険料で大型保障を実現
    団体が契約者となって、組合員や従業員のうち希望者が個別に任意加入する保険です。
  2. 保険期間は1年
    1年毎に保障内容の見直しができます。
    1年更新という、期間が短い定期保険のため、割安な保険料で大きな保障を得ることができる。
  3. 診査なしで2000万円まで手続き簡単
    本人による告知のみで加入・更新ができます。
  4. 配当金
    年1回、収支計算を行い剰余金が生じた場合、配当金として還元されます。
    保険料の実質的な負担を軽くできます。
  5. 保険料は生命保険料控除の対象となり、所得税・住民税が軽減されます。
  6. 法人で加入の場合、全額損金参入ができます。

しくみ

画像の説明


制度導入のメリット

  1. 協同組合員を対象とした福利厚生事業の充実が図れます
  2. 組織の結束強化・帰属意識の向上に役立ちます
  3. 低廉な保険料で従業員の福利厚生制度の導入が図れます
  4. 1年毎の契約で福利厚生制度の変更に対処しやすい
  5. 従業員の会社への帰属意識の向上、雇用の安定が図れます
  6. 税法上の特典があります
  7. 1年毎に収支決算をして剰余金が発生した場合には配当金として還元されます
  8. 加入手続きが簡単です
  9. 福利厚生制度の導入・充実により安心して仕事に従事できます
  10. 事務手数料をお支払いいたします



具体策はTICパートナーズ
お問合せ

a:1513 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional